「HOROKUDO(宝録堂)」(武蔵小山・西小山)のパンは安定感があってリーズナブル。毎日でも利用できるパン屋です/宝録堂とサンエトワール(山崎製パン)

horokudoの画像

武蔵小山駅・西小山駅から徒歩約10分。学芸大学駅からだと20分ほどですが、自転車ならすぐ。平和通り商店街にあるパン屋さん「HOROKUDO(宝録堂)」。老舗のパン屋さんなのですが、バックボーンについては後ほど。

horokudoの画像

イートインスペースもあります。表にはMIKADO COFFEEの看板が出てますから、ミカド珈琲商会のコーヒーを出しているのでしょう。

horokudoの画像

惣菜系のパンが中心。とにかく種類が多く、POPが賑やか。"春の彩りパンフェア"というキャッチはどこかで見たことあるようなw "ヤマザキ「春のパンまつり」"に似ていますが、これも後ほど。

一番のお目当てはコッペパンサイズのバゲットのようなパン。バゲットである必要はありません。堅過ぎても食べづらいので。そうしたら、ちょうどよさそうなミニバゲットというパンがありました。うん、こういうのを探してた。

horokudoの画像

あとは定点観測のカレーパンと連れが食べたいとセレクトしたハイジの白パン。ハイジ?

「こういう白いパンをハイジって言うんだよ」

と連れが言います。まったく納得できません。その場では「へー」と答えておきましたが。

帰って調べてわかったのですが、簡単に言うと、アニメ「アルプスの少女ハイジ」に白パンというものが出て来ます。これをイメージして作られた白いパンが"ハイジの白パン"。もちろんこれがあるのは日本だけ。スイスやドイツ、オーストリアにこんなパンはありません。

現在、いろいろなパン屋で"ハイジの白パン"なる商品名のパンが売られていますが、材料や製法に決まりがあるわけでもないので、パン屋によって形状も味もまったく異なります。

このようなパンを最初に"ハイジの白パン"と称して売り始めた(作り始めた)のかは調べてもわかりませんでした。なんかモヤモヤw

というわけで、買ってきたのがこちら。

horokudoの画像

まずはハイジの白いパン。感触はフワッフワ。食べたらフワッ、モチッ。うまいじゃん。店内POPには「何にでもあう」と書かれていたので、マッシュルームのポタージュにひたして食べました。うん、めっちゃ合う。よくできてるなぁ。

次はカレーパン。

horokudoの画像

写真では空洞に見えますが、みっちりとカレーが詰まっています。ザクッとした表面、しっとりな生地、オーソドックスなカレー。おいしいです。よくできています。カレーパンのど真ん中。辞書で「カレーパン」をひいたら、この味が出てくる。そんな感じ。

最後にミニバゲット。これが今回の目玉。なぜこれがほしかったかと言うと。

horokudoの画像

こうしたかった。自家製レバーペーストを挟んだバインミーを作りたくて、バインミーにちょうどいいパンがほしかったのです。

軽くトーストしたミニバゲットは表面がサクッ、中もかすかにサクッ、そしてフワッ。いい。とてもいい。何かを挟むのにちょうどいい感じ。このミニバゲットにして大正解でした。これが"バゲット"なのかはどうかはさて置きw

豚レバーパテ/鶏レバーパテを自作!安くて簡単にできるレバーパテのレシピ・作り方~失敗しないレバーパテ自作のコツとおいしい食べ方

どれもよくできてます。安定感があって、おそらくは外れが少ないパン屋だと思います。そして、なんだか妙に安いw ミニバゲットは108円、ハイジの白パンは162円、カレーパンは151円ですが、作って時間が経ったものなら100円で売られていました。

これだけの種類を、この安定感のあるクオリティで、しかもこの値段で揃えられるというのはすごい。

horokudoの画像
「HOROKUDO(宝録堂)」正面の目黒区シルバー人材センターのモニュメント

「HOROKUDO(宝録堂)」の前をしょっちゅう通ります。いつも、お買いもの途中と思しきおばあちゃんと店主が店頭で話し込んでいます。店内のカフェスペースではご婦人方がお店の女性を交え談笑。

よく考えてみれば、この界隈(平和通り)に喫茶店はありません。「HOROKUDO(宝録堂)」は憩いの場であり、同店のパンもまた憩いになってるんでしょうね。

DATA
店名HOROKUDO(宝録堂)
住所東京都目黒区目黒本町4-2-6 宝録堂ビル
電話番号03-3793-0056
URL食べログ

宝録堂とサンエトワール

ベーカリーのフランチャイズというのがよくありまして、リトルマーメイドも一本堂もFC展開をしています。学芸大学の「一本堂 目黒学芸大店」もフランチャイズです。

山崎製パンのブランドに「サンエトワール」というベーカリーがあります。全国に何十店舗とあるのですが、こちらもFCおよびその類型として経営されています。フランチャイジーは個人の場合もありますし法人の場合もあるようです。

あくまでも一般論ですが、こうしたベーカリーは本部から生地や具材を送ってもらい、自店舗でパンを形成して焼くというのがオーソドックスなスタイルのようです。

horokudoの画像
画像転載元/googleストリートビュー

さて、「HOROKUDO(宝録堂)」は直近まで「サンエトワール」でした。2015年~2016年初頭にかけてリニューアルして現店舗名に。そういえばその頃、確かに改装工事してたなぁ。

ただ、「HOROKUDO(宝録堂)」がそもそも「サンエトワール」として始まったのかどうかはわかりません。創業時は○○だった→いつの頃か「サンエトワール」に→2015、2016年に「HOROKUDO(宝録堂)」、という流れかも? もしかしたら、もともとは「宝録堂」だったのかもしれませんね。

ちなみに、「HOROKUDO(宝録堂)」の店主に聞いたところ、昭和23年(?)創業とおっしゃっていました(正確には失念。昭和24年と言っていたような気も。いずれにせよ戦前からと)。山崎製パンの前身、山崎製パン所が創業したのも昭和23年。偶然の一致か、不審な客に対して、便宜的な説明として昭和23年とおっしゃったのかw

とにかく、数年前に「サンエトワール」の看板を下ろし、「HOROKUDO(宝録堂)」となったわけですが、販売しているパンはおそらくそう変わっていません。現在でも「サンエトワール」のパンを売っています。「HOROKUDO(宝録堂)」で売られている塩バターパン、ホイップクリームが入っているあんぱんは「サンエトワール」の名物商品でもあります。

horokudoの画像

調べてみますと、2015年頃から個人経営の「サンエトワール」はどんどんなくなり、店名を変えて新たなパン屋としてリニューアルしているケースがたくさん見受けられました。山崎製パン側の戦略みたいなものが変わったのかもしれませんね。法人運営の店舗や駅近の店舗(両者はニアリーイコールでもあるんだろうけど)は「サンエトワール」というブランド力が活きる。ただ、街中の小さな個人経営店はもはやブランド名では客は来てくれない。逆に敬遠される。だから「サンエトワール」の看板は外す、と。

ですが、看板は外しても契約は続いているように見えます。すべてかどうかはわかりませんが、「サンエトワール」時代とパンは同じで、店内ポップなどの販促物も「サンエトワール」(あるいは山崎製パン)から入手しているのでしょう。あくまでも想像ですが。

「HOROKUDO(宝録堂)」のパンと街

horokudoの画像

こう見てくると、「HOROKUDO(宝録堂)」のパンについても、なんとなくわかってくるような気がします。

個人経営のパン屋は、好みの問題もあるのですが、"あたり・はずれ"があります。

「これはおいしいけど、これはイマイチ」

「こうだろうと思って買ったのに、ここのはこうだったかぁ」

などなど。それが店の個性で個人店の面白いところでもあるのですが。

一方、「HOROKUDO(宝録堂)」のパンはどれも安定しています。おそらく誰が何を食べても納得できる味になっているはず。なぜなら、基本は「サンエトワール」=山崎製パンだから。そりゃよくできてるに決まってる。

悪く言えば個性がない。面白みがない。けど、毎日食べるようなものだったら、それがいいのかもしれません。いろいろなパンがあって、はずれがなくて、そして安い。生活に密着した、毎日でも食べられるパン。これはこれですごいことでして。

と同時に、こういうパンが求められる街、いい意味で"昔ながらの"が生き残れる街なんだろうなぁとも感じます。二葉フードセンターなんていうものがあるくらいですしねw

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ