「うどんの小槌(こづち)」(学芸大学)の手打ち讃岐うどんは甘めでコクのある、まろやかなうどんでした

学芸大学駅から徒歩2分。東口を出てすぐ右手、線路沿いに行くと「うどんの小槌」という店があります。2018年2月15日にオープンしました。


これはオープン日のメニュー。自分で天ぷらなどのトッピングは選べません。オープン直後はこれが正解だと思います。自由に選ばせたら、オペレーションがグッチャグチャになるし。もしかしたら今後はトッピングも細かく選べるようになるかもしれませんね。仮にこのままだったとしても、それはそれでありだと思いますが。

※その後、数種の天ぷらを選べるようになったみたいです

なお、メニューに載っている「しっぽくうどん」ですが、詳しく説明し出すと長くなるので簡単に言ってしまうと、大根やにんじん、鶏肉などを醤油ダシで煮て、うどんにかけるというもの。けんちんうどんと考えていいでしょう。「うどんの小槌」ではどんな風に出てくるのかはわかりませんが、おそらくそんな感じだと思います。

※その後、「筑前煮風」とメニューに併記されるようになったみたいです

4人掛けテーブルが3つ、壁際のカウンター席が4、5席。飾り気がないというか素っ気ないというかw 閉そく感があるのは否めません。これくらいの人だとまだいいんですが、混んだらどうだろうな。

この物件は直前まで「烏麦乃実(そばのみ)」という調味料店でした。うどん屋になっても「烏麦乃実」の商品が置かれています。言えば買えるのかな?

テーブルに添えられた唐辛子、一味、山椒も「烏麦乃実」。

店頭に貼られた開店のお知らせにも「烏麦乃実」のロゴが入っています。この辺りのことについては、また後ほど。

供されたお茶はコーン茶? そば茶? 香ばしいお茶でした。

15分、いや20分くらいかかったでしょうか。ちくわ天と肉うどん(680円)がやってきました。

なるほど。横たわったちくわ天(1/2本)が肉を堰き止めてる。こうすることで肉の味、汁が全体に回らないようにしてるのかもしれません。

丼の淵ギリギリまで入った汁をまずはひと口。ほぉ。とても甘いです。甘辛い肉によるのか、あるいはうどんの汁そのものが甘いのか。ダシもしっかりしていますが、甘さとコクのインパクトが強い。

うどんはエッジが立っています。中太。ツルッとした舌触り、のど越し。プリッ、プツッとした食感、歯切れ。讃岐うどんと謳っていますが、讃岐うどんとしてはコシは弱めです。ただ、コシが強けりゃいいというわけでもありません。汁を張った温かいうどんには、これくらいのコシがちょうどいいかも。

せっかくなので、調味料も試してみましょう。山椒塩、鬼びっくり粗びき、鬼びっくり一味。一番よかったのは粗びきです。甘めの汁には、これくらい辛いほうがいい。

山椒はそれほど山椒感が強くありません。もっとすっきりした汁、あるいは具だったらいいかもしれませんね。このパンチのある肉だと……

これくらいかけなきゃいけないw でも、甘辛い味と山椒はよく合います。

それにしても、この肉。ガッツリで濃厚な味付けがおいしいです。


会計を済ませ、お母さんに話を聞いてみました。

「この前はどこかでやってらっしゃったんですか?」

「池尻大橋でそば屋をやっていて、立ち退きで店を閉め、その後、うどんを」

「池尻大橋のお店はなんていうお店だったんですか?」

「『黒うさぎ』です」

ふむ、見えてきた。以下、正確性は保証しません。

池尻大橋駅前商店街のメインストリートの一本裏手に「黒うさぎ」という居酒屋がありました。創業は2003年。当時は奄美大島出身の方が黒糖焼酎をたくさん揃えた店をやっていたみたいです。

この方は2011年で店を辞めました。そして、「黒うさぎ」は他の方(のちの烏麦乃実、小槌の店主)が引き継ぎ、2012年、へぎ蕎麦居酒屋にリニューアルします。お母さんの言う池尻大橋のそば屋「黒うさぎ」はこれを指しているのでしょう。

新「黒うさぎ」は2014年4月に閉店しました。その後、どうしていたかはわかりませんが、2016年ごろに「烏麦乃実(そばのみ)」を設立します。生七味や柚子こしょうといった調味料を製造・販売する会社です。

2017年5月、学芸大学に店舗「烏麦乃実(そばのみ)」を作りますが、店舗としての「烏麦乃実(そばのみ)」はすぐ閉店し、2018年2月15日、同じ物件で「うどんの小槌」をオープンさせた、といった流れだと思われます。

7:00~17:00という営業時間と、注文してから出てくるまでの時間の長さが気になりました。オープン直後のことなので、このあたりは今後、変わっていくでしょう。

とりあえず、私の食べたちくわ天と肉うどんは甘くてコクがあってまろやかなうどんでした。おいしかったです。ただ、学芸大学だと「讃岐饂飩 恩家(おんや)」という超人気店がありますし、「おりぜ」というスーパーハイセンスなうどん屋もあります。

「恩家」「おりぜ」あるいは「さぬきや」とまともに張り合おうったって難しいですから、これら"二の線"とは違う線でいくといいと思うんですけどね。

うどんの小槌(こづち)
東京都目黒区鷹番3-3-13 学芸ビル1F
03-5725-0205
7:00~17:00
月休

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ