MEAT JOURNEY 2018

「拉麺 福徳 学芸大学駅前店」のマイルドな豚骨は食べやすく、店内はキレイで女性にも人気。頻繁に入れ替わる期間限定メニューもおいしいです。

学芸大学駅から徒歩30秒。西口を出てすぐ右手、線路沿いを五本木・祐天寺方面へ向かうと「拉麺 福徳 学芸大学駅前店」というラーメン屋があります。2004年9月にオープンしました。

「福徳」の経営母体はスーパーマーケット・三徳(Santoku)の(株)三徳。「福徳」は学芸大学の他、志村(板橋区)、永山(多摩市)にも店舗があります。おそらく、各店は共通するメニューを持ちつつも、独自のメニューも用意しているという感じじゃないでしょうか。

ジャズが流れる店内は広々としていて、とてもキレイ。外から見ていると、いつも女性客が多いような気がします。この雰囲気は女性も入りやすいでしょうね。雰囲気だけじゃなく、後述しますが、ラーメン自体も女性ウケしそうな感じがしなくもなく。

「福徳」は基本的には豚骨です。レギュラーはマー油豚骨、豚骨醤油、豚骨海老塩、濃厚味噌、ハバネロ。油そばもあるか。ただ、「福徳」と言えば期間限定メニューが印象的です。どれくらいの頻度で変わってたかなぁ。3ヶ月ごととか?

で、これは私の経験の浅さと偏見から来ることなんですが、こういう期間限定メニューをいっつもやってるようなラーメン屋はだいたいイマイチ。期間限定メニューも微妙なら、レギュラーも微妙ということがしばしばです。

けど、「福徳」はそうじゃない。レギュラーもおいしいのですが、この期間限定がなかなかイケるんですよ。そこが「福徳」の最大の特徴でしょう。

こちらは豚骨醤油。味わいはマイルドです。豚骨もマイルドだし、醤油もマイルド。豚骨感は強くありません。こう書くと、中途半端な感じに読めるかもしれませんが、いい意味でクセがなく食べやすい。この主張し過ぎない感じもまた、女性ウケにつながってるのかなぁと。

こちらは期間限定の竹の子のラーメン。豚骨以外のうまみが強めに出ているラーメンだったと記憶しています。だから、竹の子の風味もしっかり堪能できる。これを食べた時に、「ああ、福徳って面白いな」と思いました。

最近食べたハバネロ。激辛と書かれていますが、激辛ではありませんw 辛い物好きだったら、ピリ辛程度。辛さより先に感じたのは香ばしさです。ハバネロを軽く油に通してたりするのかな。

今回、初めて「福徳」へやって来た連れが頼んだ、期間限定の味噌キムチ麺。キムチの酸味が残っていて、この感じは女性のほうが好きかもしれませんね。

麺は中西食品。プリプリでコシもなかなか。かすかに縮れているように見えます。スープがよく絡む。

「福徳」のいいところは、すりゴマ(黄色いキャップ)も各テーブルに用意されているところ。たっぷり入れるとおいしいんです。

この高菜もいいんだな。ピリッとラーメンが引き締まる。今回もいっぱい入れちゃったw

あと、スタンプカード。また来たいと思ったら、絶対にスタンプ押してもらった方がいいよね。だって、次回は味玉サービスなんだもん(通過するごとにそれぞれのサービスが受けられます)。5回で餃子、10回でラーメン1杯サービスというのも太っ腹ですねぇ。10回来ることを前提とすれば、実質、毎回ラーメン約70円引きということか。期限はどれくらいだろ?

「ガッツリし過ぎるのや、クセが強いのはちょっと……。だけど、ラーメンは食べたい」

そんな方が何気に多いような気がします。実際、そういう声を時折、耳にします。逆に、そういう方が多いからこそ、「福徳」は10年以上も続いているのかもしれません。

きれいで、清潔感があるし、広いし、ラーメンはどれも食べやすい。仕事帰りに寄ってみてはいかがでしょうか。

拉麺 福徳 学芸大学駅前店
東京都目黒区鷹番3-8-4 岩本ビル1F
03-5773-1199
月~金・祝前日:11:30~25:00(L.O)
土日祝:11:30~22:00(L.O)
食べログ

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ